すべての音程が低く聴こえる副作用を持つ薬「フラベリック錠」

200_large

こんにちは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

最近久しぶりに、ミュージシャンにとってやばい副作用を持つ薬「フラベリック錠」の話題をTwitterで見かけたので、注意喚起を込めて今日はその話を。

フラベリック錠の副作用

病院でごく普通に処方されるフラベリック錠という咳止め薬があるのですが、実はこの薬ミュージシャンは絶対に飲んではいけません

なぜなら、音楽をやる人にとって致命的な副作用があるからです。

その副作用とは「すべての音が半音ほど下がって聴こえるようになる」というウソみたいなものなのです。

正確に半音下がるわけではないし、耳の左右でもズレてたりするらしく、まともな音楽活動をするのはかなり困難です。

いつも聴いている音に違和感を感じて本人が気づくことが多いようなのですが、普通の人ならまだしも、音感で商売をしているミュージシャンにとっては文字通り死活問題になります。

咳でただでさえしんどいのに、さらに仕事もできなくなってしまうとは…。

結構タチが悪い

この副作用は一度発症すると、服用をやめても1週間〜1ヶ月近く持続してしまうことがあるらしく、そのタイミングでライブやレコーディングの仕事が入っていたらと考えると、本当に恐ろしいですね。

とにかくミュージシャンはフラベリック錠絶対に飲まないように注意するしかない、というのが実際のところです。
ぜひご注意ください。

そしてさらにタチの悪いことに、どうやらこの「音程がおかしく聴こえる」という副作用は、医者の間でもあまり有名なことではないようなのです。

現にぼくの知人のアーティストは以前「歌ったり曲を作ったりする仕事をしている」と医者に伝えていたにもかかわらずフラベリック錠を処方されたとのことでした。
そのため現状は、こうやってミュージシャン側が知識をつけて自衛するしかないのです。

253_large

被害者のみなさま

音楽を仕事にしていない人にとっては「音程が少し下がって聴こえる」という症状はあまり問題にならないのかもしれません。
だからこそ、医療従事者の間でも知られていきづらいのかもしれません。

そう考えると、フラベリック錠以外にもこういった副作用を持つ薬が処方される可能性はあります

ご存知の方はTwitterなどで教えていただければと思います。拡散に協力させてください。

どうぞこれからも、健康に音楽活動をやっていきましょう。
健康大事!

海保けんたろーのTwitterはこちら→ @kentaro_kaiho

▼この記事をシェアする