Frekulの登録アーティスト数が本日、10,000組を突破しました。 #Frekul10000

Frekul10000

こんにちは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

当社(ワールドスケープ)の音楽活動支援サービス「Frekul」は本日、登録アーティストが10,000組を突破いたしました。

これだけ多くの方に興味を持っていただき、ご利用いただいている、ということに心より感謝申し上げます。

立ち上げの思い出

Frekulは、右も左も分からないバンドマン3人が、周りの方々の力を借りながら立ち上げたサービスです。

自分たちの経験から「これからのアーティストにはこういうサービスが必要だ!」という確信はありました。

しかし、ビジネス経験はゼロ
WEBサービス開発経験だってもちろんゼロ

今思い返せば最初は、周りの方々にワガママ放題言って「強引に作ってもらった」という状態に近かったように思います。

そんな素人設計がうまくいくはずもなく。

公開した「Frekul」はとても使いづらく、不具合が多発。
毎日苦情のメールが届きます。

もちろん売上なんて全然立ちません。
手伝ってくれていたプログラマーにはまともに給料が払えず、Frekulを改修できる人は誰もいなくなりました

それでも毎日苦情は届きます。
当然です。
たくさんの不具合を放置しているのですから。

「ああ、ぼくには経営者としての才能はないんだな」と思いました。

意地と見栄

それでも、諦めたくはありませんでした。

それは、成功の確信があったからなどではなく、
意地とか見栄とかそんなものだったと思います。

創業メンバー3人は、生活費を各々別の仕事で稼ぎつつ、
なんとかFrekulを立て直せないか、ともがき続けました。

ありきたりなストーリーですが、この状況を救ったのは人との出会いです。

ライブハウスで出会ったギタリスト兼プログラマーのT。
給料激安なのに入社してくれました。

投資会社のSさん。
売上ほぼゼロなのに将来性を信じて投資してくれました。

カラオケ会社のKさん。
吹けば飛ぶような当社と大胆な提携を決めてくれました。

上場企業のSさん。
再度ピンチを迎えていた当社に投資を決めてくれました。

ここには書ききれませんが「もうダメかも…」という時にいつもぼくの元には救世主が現れ、
ワールドスケープ社はピンチを脱出してきました。

その一つ一つの救いの手が奇跡的に連鎖して、今日までたどり着くことができたのです。

▼Frekul登録アーティストの推移

Frekul10000

心からの感謝

10,000組は通過点に過ぎません。

日本だけでも音楽アーティストは10万〜20万組存在すると推計しています(趣味の方を含めて)。
世界も見据えると考えたら、本当にまだまだです。

でも、この10,000組という数字の区切りを機会に、改めて感謝の気持ちを伝えます。

これまでワールドスケープ社に関わってくださったあなた。

そしてFrekulに登録してくださったあなた。

本当に、ありがとうございます。

あなたのおかげでぼくたちは今日も、前向きな希望を持ってパソコンに向かうことができています。

当社のミッションである

「実力あるアーティストが、公正に、経済的に評価される世界を作る」

が実現するその日まで、これからもよろしくお願いいたします。

海保けんたろーのTwitterはこちら→ @kentaro_kaiho

追伸

Frekul登録アーティストの方々に直接感謝をお伝えする場として、2019年1月21日(月)に
「Frekul登録アーティスト10,000組突破感謝パーティー」を開催することにしました。

イベント詳細と参加予約はこちらです。

取材の申込や協賛についてはこちらからお問い合わせください。

▼この記事をシェアする