遺伝子検査「Genesis2.0」やったら病気のリスクが分かってとても良かった話

kit_ge2

こんにちは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

今日の話は音楽とは関係ありませんが、新しい体験をしたのでそれをシェアします。

遺伝子検査を受けてみた

普段から「少なくとも400歳までは生きたい」と言っているぼくにとって、病気にかかったり突然死したりというリスクはできるだけ避けたいところです。

そんな中「遺伝子検査」というものが郵送で簡単にできるということを知り、実際にやってみました。
ぼくがやったのはGeneLifeという会社のもので、おそらく国内の遺伝子検査の中では大手なのかな?という感じ。

これをやれば、ぼくのDNAに刻まれた

・各病気のなりやすさ、なりにくさ
・太りやすい原因
・アレルギー
・適したスキンケア
・先祖の血筋

などが色々と分かるとのことでした。
半信半疑ではありつつも、内容はとっても興味深い…。

遺伝子検査の手順

手順としては、まずAmazonなどで検査のパッケージを購入します。

届いた容器の中に自分の唾液を入れて、それを返送するだけです。
本当に簡単でした。もちろん痛みなどもありません。

1ヶ月ほどすると自宅にID番号のようなものが届きます。

これをGeneLifeのサイトに入力すると自分の結果が見られる、という仕組みです。

結果を見る時は、かなりドキドキしました。

もし「あなたはがんにかかる可能性が非常に高いです」とか出たらどうしよう…。

とか、やっぱり考えちゃいますよね。

結果としては「なるほど、まあこんなもんか」というところでした。

というのも、想像以上に調査項目が多かったんです。

「がんになりやすかったらどうしよう…」と思って見てみても、そもそも「○○がん」というのが20種類近くあって、
それぞれリスクが高いものもあれば、低いものもある、という感じだったのです。

あとは「アルコール(お酒)に非常に弱い傾向」とか「スギ花粉症になりやすい傾向」とか結構当たってて面白かったです。

今後の対策が立てられる

「あなたは〇〇病になりやすいです」と言われるのは少なからず精神的にショックがあります。

しかし実際には事前に理解していることで、自分がその病気にかかる可能性を下げたり、早期発見する可能性を上げたりすることができるのはメリットしかありません。

そして結局「予防」という部分で言うと、健康的な食事適度な運動をする必要があるんだな、というところに着地します。

具体的に病名を突きつけられることで「ちゃんと毎日運動しよう」とか「野菜を食べよう」とかそういう気持ちを後押しする効果も感じています。

もし興味があれば、あなたも遺伝子検査やってみてはいかがでしょうか?

家族と一緒に受けることで、普段の食事、運動習慣、健康診断、病気の検診等について語り合うきっかけになるのもとてもいいと思います。

ぼくが購入したGeneLife Genesis2.0はこちらです。
(タイミングが良ければ割引キャンペーン時々やってるっぽいです)

あなたが末永く健康でいられるよう、心より願っております。

海保けんたろーより。

Twitterでも音楽活動や業界について書いてます→ 

「音楽活動で生計を立てるための全知識」はこちら。ご好評いただいてます。

▼この記事をシェアする