ライブチケットの予約受付は、Frekulの「イベント管理」が超便利

スクリーンショット 2017-11-25 21.48.49

こんにちは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

あなたがもし「定期的にライブをしているインディーズアーティスト」ならば、今日の話はお役に立てるかもしれません。

Frekulの「イベント管理という機能をご存知でしょうか?

これ、ライブのチケット予約を受け付けるのにとても便利です。
しかも無料

チケット代の決済機能はありませんが、いわゆる「取り置きチケット」の予約を受けるのなら、使わない手はありません。

以下、詳しく紹介します。

予約を受け付ける

ライブが決まったら、Frekulの「イベント管理」のページに、ライブ情報を入力しましょう。
時間など、未定の部分は未定でOKです。

スクリーンショット 2017-11-25 21.45.49

そうすると、自動的に「ライブチケット予約受付ページ」が生成されます
いちいち自分のホームページを更新するよりもずっと簡単

…だと思います。

スクリーンショット 2017-11-25 21.48.49

こんな感じ。

このページのURLを、Twitterやブログなどで「ここから予約してね!」と宣伝しましょう

お客さんが予約をする

あなたのツイートや記事を見て「行きたい!」と感じたセンス溢れる方は、このページから簡単に予約することができます。

スクリーンショット 2017-11-25 21.49.27

名前、人数、メールアドレスを入れるだけ。

すると、予約した方とアーティスト(あなた)双方に「予約が完了したよ」というメールが自動的に飛びます
お客さんの作業はこれで終わり。

ライブ当日も簡単

ライブ当日は何かとバタバタしますよね。
でも、それもFrekulのイベント管理を使っていれば少しだけ楽になります。

ライブハウスに提出する「予約者リスト」。

これ、メールの履歴を見ながら手書きで書いたりするのって、ちょっと面倒です。

これからはあの手間は必要ありません。
イベント管理のページに、予約者リストが自動的に生成されているので、それをプリントアウトしてくればそれで終わりです。

スクリーンショット 2017-11-25 21.50.57

こんな感じ。

分かりやすい(自画自賛)。

もっと音楽に頭と時間を

音楽活動って、上を目指そうとすればするほど「音楽以外のやるべきこと」が増えがちですよね。

マメにホームページを更新したり、お客さんからのメールを返信したり整理したり、
ライブ当日に予約者リストを書いたり…。

そういった少しずつの手間が省けて、もっと歌や演奏に集中できることが、
きっとあなたにも、ファンの方にも幸せなことであるはず。

ぼくたちはそう思ってこの機能を作り、日々改善しています。

使ってみてもし要望や疑問があれば、ぜひ教えてください。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。

ではまた!

▼この記事をシェアする

SNSでもご購読できます。