0年 0月 の投稿一覧

チケット転売問題・オリラジ中田さん案には穴があるから指摘するね

0066_xlarge

こんばんは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

オリエンタルラジオの中田さんのブログ記事が、にわかに話題になっている。

>> オリエンタルラジオ 中田 公式ブログ – オリラジ中田、転売撲滅の画期的システム発表!

チケットの転売屋問題についてどう対応していくべきか、新しいアイデアを考えたから実行します!という記事だ。
これを考え、分かりやすく説明し、実行するということに、心から拍手を送りたい。

転売屋問題は音楽業界においてとても重要な問題であるし、それに対して一石を投じるこのアイデアはとても素敵だと思う。

だが、ぼくから見ると抜け落ちている発想があると感じたため、エールを込めて指摘したい。

具体的に言うと「チケットの購入タイミングが変化すること」について考慮されていないのだ。

以下、詳しく説明する。

ジャスト・キャパシティ・システムについて

元記事は長文であるし、読んでいないという方もいると思うので、中田さんのアイデア(ジャスト・キャパシティ・システム)について、まずはぼくの理解を共有しておく。

さまざまな規模の複数会場を「仮押さえ」する

会場未定のままチケットを販売開始する

最初の売れ行きを見て会場を決め、他の会場はキャンセル(仮押さえ解除)する

さらに売れ行きを見て、会場の座席数を決める

チケットはキャンセル不可だが、どうしても行けなくなった人は1000円引で転売できる

本当にライブに参加したい人のほとんどがチケットを購入でき、転売目的で買った人は大損する(解決!)

ということである(間違ってたら指摘してほしい)。

このアイデアだと、

・会場が、高確率で解除される仮押さえを受け入れなくてはいけない
・ライブ参加者が、購入時に会場が分からない

というマイナス要素があるものの、確かにトータルとしては素晴らしいように見える。

しかし、現実的にはこうならないとぼくは考える。

JCSの穴

ジャスト・キャパシティ・システム(以下JCS)を採用したライブは「チケットが(少なくとも早い段階では)売り切れない」というのが特徴である。

これは購入者側から見た場合「チケットを早く購入する理由(インセンティブ)」がない

多くの人は「早く買わないと売り切れちゃうかも」と思うから、発売直後に必死に購入するのだ。

それが逆に「1週間前とかでも購入できるはず」と思っていたらどうなるだろうか?

多くの人は「何か急な予定とか入るかもしれないし、もっと日程近づいたら買おう」と思うのではないだろうか。

しかもJCSの場合は直前なら、1000円引での転売チケットを購入できる可能性がある。

「どうしても絶対にこのライブに参加したい!」と思っている一部の特別熱心なファン以外は、そちらを視野に入れるのではないだろうか。

そうなると、JCSの前提は揺らいでくる。

「売れ行きを見て会場を決める」
「売れ行きを見て座席数を決める」

こういった判断が、正しくできなくなるのだ。

すると販売数の見積りを誤る可能性が高まり、

「小さすぎる会場を押さえてしまい、結局転売屋が儲かる」
「大きすぎる会場を押さえてしまい、ライブが赤字になる上にガラガラになる」

ということが発生してしまう。

0017_xlarge

インディーズバンドの現実

「そんなことはない。行きたい人はちゃんと早めにチケットを買うはずだ」と思うだろうか?

その意見への反論は、すでに全国のライブハウスにある。

いわゆる「インディーズアーティスト」と呼ばれているバンドやシンガーソングライターのライブは、その多くが完売しない

例えばそういうバンドがワンマン(単独)ライブのチケットを販売した場合、だいたい売れ行きはこんな感じになる。

チケット発売直後に一部の熱心なファンが購入する

その後まったく売れない

ライブ1〜2週前からまた少し購入が入り始める

ライブ前々日〜前日が最も売れる

「少なくとも早い段階では売り切れないと分かっているライブ」のチケットに対する購入者の反応は、こういうものなのだ。

これでは、JCSのような動きが難しいというのは分かっていただけると思う。

「チケット販売を早めに終了すればいい」とか言われそうだが、
それはただ総動員数が減るだけなので、主催側・出演側としてはやりたくないのだ。

どうすればいいのか

否定ばかりを語っていても建設的ではないので、ではどうすればいいのか、という部分についても触れたい。

要は購入者側に「チケットを早く購入するインセンティブがない」という点が問題であるわけなので、
そこを作ってあげればいいのである。

とは言っても「早期購入特典(グッズなど)を用意する」などは、主催側の労力やコストになってしまう。

そこで、ぼくは「チケット販売業者が早期購入特典を用意すべき」だと考える。

具体的には「このサイト経由でチケットを購入すると、最初の100人にはTポイント1000p、次の100人には500p、次の100人には200pが〜〜」みたいなことをするのである。

Tポイントがいいのか楽天ポイントがいいのか、もしくはポイントではない何かの方がいいのか、というような議論は置いておくとして、
ライブ主催側ではなく、チケット販売業者が早期購入を促す機能を持つ、というのが重要なのだ。

そうすると主催側は「最も早期購入されやすいサイトでチケットを販売しよう」という選択ができるようになり、
販売業者間で健全な競争が行われるようになる。

チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、EMTG、Peatix、ticket board、tixeeboxなどなどの中の皆さん、ぜひご検討を。

繰り返しになるが、中田さんの考え方は素敵だと思う。成功してほしい。
だからこそ、率直に書かせていただいた。

JCS”改”が音楽業界を救うことを、期待したい。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。フォローお願いします。


ぼくは英雄になりたいけど、その理由はよく分からない

284_large

こんばんは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

先日、リクルート社の「アントレnet Magazine」に取材していただき、記事が公開されました。

>> 収入よりもやりがいの”安定”を。「英雄になる」ために、ある男が選んだパラレルワークの道

内容はそちらのサイトでお読みいただくとして、今日はその補足を。

英雄になりたい

記事を読んでくださったのであれば伝わっていると思うが、ぼくの目標は「英雄になること」だ。

ぼくの中での英雄の定義は
「数千万人〜数億人の人生を、大幅に幸せな方向に転換させた人」

である。

それに向かうためのルートとして、音楽活動もがんばってきたし、会社の経営もがんばっている。

しかし、例えば音楽活動が極限まで成功して、世界的アーティストになったとして。

それって「数千万人〜数億人の人生を、大幅に幸せな方向に転換させた人」と言えるのだろうか?

と考えると、ぼくの中ではそれは、足りない
数千万人のファンがいたとしても「大幅に人生を転換させた」とまでは言えない。

同様に、今の会社の事業が極限まで成功して、世界中の音楽業界を救ったとして。

それも、やっぱり足りない
世界中の(実力ある)アーティストの人生は大幅に転換するかもしれないが、それは数千万人規模ではない。

ゴールに届くために

つまり、ぼくがいま取り組んでいる音楽活動と、会社経営。

これらはどちらとも、ゴールまでは届かないのだ。

しかし同時に、全く無駄ではない。

両方がうまくいけば、今よりも知名度があって、お金もあって、知識や経験もあって、色んな国や業界に友人やファンがいて。
そんな状態になる。
まずはそれを作りたい。

そこからいよいよ「英雄になるためのプロジェクト」を立ち上げて実行するのだ。

それが実際にどんなプロジェクトなのかは、今は考えていない。

まずは、英雄に0.5歩近づくための努力を、必死にやっていくフェーズなのだ。

305_large

英雄になりたい理由

ふと「なんでぼくは英雄になりたいのだろうか」と考えることがある。

しかし、ここに明確な答えは出ていない

英雄になりたいという気持ちが、なぜか心の奥底から、自然と毎日湧き上がってくるのだ。

単に、強烈に肥大化した承認欲求であるような気もする。

死への恐怖から目をそらすことを目的とした、日々を夢中に生きるための対象物であるような気もする。

その両方かもしれない。

しかし少なくとも言えることは、
「英雄を目指して日々努力や行動を続けている自分」が、結構好きだ。

自分のコンプレックスや、自分のダメな部分に目を向けると本当に嫌になるけど、
夢を追いかけてがんばっている自分は、なかなかいいな、と思っている。

もうひとりの自分が「いい感じだね、そのままがんばりなよ」と言ってくれているような感じがする。

だから、モチベーションが途切れることはない。

24時間365日ぼくは英雄になりたいと思っているし、
その確率を少しでも高めるためにも長生きをしたいと思っている。
これから先に大きな挫折があったとしても、英雄になりたいと思い続ける自信がある。

結果、ぼくがどういう人生を歩み、どう終えることになるのかはもちろん分からない。

だけど、少なくともそこに生まれるであろう多くのドラマを
ぼくはとても楽しみにしているし、

この文を読んでいるあなたにも一緒に楽しんでもらえたら、とてもうれしい。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。フォローお願いします。


今すぐできる、自作曲をカラオケに入れる4つの方法

684_large

こんばんは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

以前は「カラオケに入曲する」というのは大変なことだった。

技術的・コスト的・契約的なハードルが高かったため、たくさん歌われる見込みがない限りは配信されなかった。

しかし、ここ数年でその状況が大きく変化しつつあるのをご存知だろうか。

あなたがもし、オリジナル曲をお持ちのアーティストであるなら、
その曲が全国のカラオケ店で歌えるようになる
のは、もう夢物語ではないのだ。

カラオケに曲が入るメリット

カラオケ配信の方法を紹介する前に「そもそもなぜカラオケ配信するのか?」という部分を一旦考えてもらいたい。

カラオケ配信するメリットは、下記のようなものが考えられる。

●「カラオケに入ったの?すごい!」と友人やファンに思ってもらえる

これは、確かにある。
あるが、カラオケ業界が変わりつつある今、このメリットは段々薄まっていくことだろう。

今から5年くらい限定のメリットだと考えたほうがいい。

●印税が入る

これは、案外大きい
JASRACなどの著作権管理団体に曲を預ける必要がある、という縛りがあるが、
もし預けた上でカラオケ配信を行えば、そもそも掲載されているだけでも(一度も歌われていなくても)印税は少しだけ入る

もちろん歌われればそれだけ入ってくる。
音楽活動をやっていく中で定期収入が作れる意味は大きい。

ただしJASRACに登録した場合に発生するデメリットとの天秤になるので、
ぼく個人の意見としては、たくさん歌われる見込みがないのであれば、
JASRAC登録せずにカラオケ配信する方が良い
と思っている(その場合は印税は入らない)。

カラオケ配信において悩ましい点と言える。

●友人やファン(もしくは自分)が歌うことにより、その場にいる人へのプロモーションになる

これはほぼ確実に発生するメリットだ。

あなたも「友達がカラオケで歌ってた曲」という感じで知った曲があるのではないだろうか?

友人やファンが歌ってくれる度に、それが発生するのだ。
「この曲誰の曲?」「●●●さんって言うんだ、好きなんだよね」「そうなんだ?いい曲だね」
みたいな会話もあるかもしれない。

以上のようなメリットを目的として、カラオケ配信をするのだ。

それでは、具体的なカラオケ配信の方法を紹介しよう。

613_large

Frekul かんたんカラオケ配信

正直、一番オススメ
少しのお金はかかるが、申し込みも簡単だし、JOYSOUNDとカラ鉄に一斉配信できるし、無期限だ。

配信先:JOYSOUND MAX,JOYSOUND f1,カラオケの鉄人
価格:3800円〜12800円
配信期限:無期限
背景映像:自作・おまかせどちらも可能
歌詞表示:自作・おまかせどちらも可能

>> Frekul かんたんカラオケ配信

うたスキ ミュージックポスト

JOYSOUNDの公式サービス。無料なのが最大の強み。
ただ、歌詞テロップ表示については自分のWindowsパソコンで制作する必要があり、それが結構大変。

配信先:JOYSOUND MAX,JOYSOUND f1
価格:無料
配信期限:180日(操作により継続手続き可能)
背景映像:自作・おまかせどちらも可能
歌詞表示:専用ソフトで自作する必要あり

>> うたスキ ミュージックポスト

niconico カラオケ配信プログラム(カラプロ)

ニコニコ動画にオフボーカルのMusicVideoをアップして、申し込みをするだけで、それが配信されるというサービス。
歌詞の表示をやってくれるサービスは入ってないので、映像に自分で歌詞を入れておく必要あり。

配信先:JOYSOUND MAX,JOYSOUND f1
価格:無料
配信期限:最長360日
背景映像:自作する必要あり
歌詞表示:自作する必要あり

>> niconico カラオケ配信プログラム(カラプロ)

エクシング 特別有料配信サービス

JOYSOUNDやUGAを運営しているエクシング社の公式サービス。
JOYSOUNDとUGAの全ての機種に入れられる現状唯一の方法だが、価格がとにかく高い。

配信先:JOYSOUNDとUGAのすべての機種
価格:非公開(ネット上の口コミによると数十万円)
配信期限:無期限
背景映像:自作・おまかせどちらも可能
歌詞表示:おまかせ

>> エクシング 特別有料配信サービス

配信方法の紹介は、以上だ。

カラオケ業界はオープン化している

今回は、「リクエストを送信する」というニュアンスのものは外し、ほぼ確実に入れることができる方法のみを紹介した。

知名度の高い曲であれば、上記の方法を使わずとも、
カラオケ業者にリクエストを送信するだけで入る可能性があるので、そちらもご検討いただきたい。

今後カラオケ業界がオープン化の方向に進んでいくのは間違いない。
その根拠は下記の2つだ。

●カラオケで歌われる曲が、年々バラけてきている

(マイナーな曲も入れていかないと、ニーズに応えきれない)

●ネット回線が高速になったため、オーディオファイルや映像ファイルの短時間転送が可能になった

(新譜追加のために、いちいちMIDIデータで打ち込み直す必要がない)

カラオケによる音楽の認知や、カラオケ印税による収入は、
これからもアーティストにとって重要な一面を担い続けるだろう。

全国のカラオケ店に、あなたの曲を1つ2つ入れてみてはいかがだろうか。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。フォローお願いします。


芸術家がビジネスについて語るのは損だけど語ってもらいたい

198_large

こんばんは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

今日はまず、あなたの好きな芸術家(ミュージシャン、イラストレーター、写真家など)を1つ思い浮かべてほしい。

…良いだろうか。

その人物が、ビジネスについて語っていたらどう思うだろうか?

「売上をアップさせるためにこういうことをしています」
「こういう人たちをターゲット層として宣伝戦略を練っています」
「作品づくりの時は、話題性を生む仕組みを考えて仕込みます」

という発言を聞いたら、あなたはどう思うだろうか。

がっかりする?
逆にもっと好きになる?
なんとも思わない?

芸術家がビジネスを語ることについて、ぼくの意見をまとめてみたのがこの記事である。

ビジネスを語る芸術家

ビジネスについて語る芸術家、というとどんな人が思い浮かぶだろうか。

例えば、AKBグループのプロデューサーとして知られる秋元康さんは、作詞家でもある。
実際に多くの曲の歌詞を制作しており、そういう面では芸術家と言えるだろう。

近いジャンルで言うと、J-POP界に一時代を作り上げた小室哲哉さんも、作詞作曲家である。
同時に、すぐれたビジネスマンであることも疑いの余地がない。

音楽プロデューサーという枠以外で考えると、例えばサカナクションの山口一郎さんも、
かなりビジネスや戦略について語る芸術家と言えるのではないだろうか。

音楽以外で言うと、キングコングの西野亮廣さんは絵本作家という芸術家であると同時に、
ブログなどではかなりビジネス的な発言が多い。

また、「ブラックジャックによろしく」を無料開放して話題になった佐藤秀峰さんは漫画家であり、
漫画業界に新風を巻き起こしている会社の代表でもある。

このように、ビジネスについて語る芸術家というのは珍しいわけではない。

しかし一方で、B’zも、西野カナさんも、ゲスの極み乙女も、蜷川実花さんも、草間彌生さんも、ビジネスについて語ることはない(たぶん)。

見渡してみれば、多くの芸術家が「ビジネスについて語らない」という選択をしている

芸術家がビジネスを語らない理由

なぜ多くの芸術家はビジネスについて語らないのだろうか。

最初に直感的に浮かんできそうな答えとしては「そもそもビジネスの専門家ではないから、語ることがない」あたりであろうか。

しかしこれに関してはぼくは同意できない。

一定の成功を収めている芸術家は、ほぼ例外なくしっかりとしたビジネスマインドを持ち合わせているからだ。

なんとなく浮かんでくるイメージを、なんとなく周りにいたメンバーと、なんとなく発信しているだけで成功するほど、「芸術で食っていく」というのは甘くない。

逆に言えば「芸術で食えている人」の多くは、ビジネス的な部分についてもしっかりと学び、考え、実行してきた人だと言える。

彼らが「語ることがない」とは、ぼくには到底思えない。

210_large

わざと語っていない

すると有力になってくるのが「語るべきではないと思っている」という説だ。

最初の質問を思い出してほしい。

あなたが好きな芸術家がビジネスについて語っているのを聞いたら…

「がっかりする」

と思った方もいるのではないだろうか。

「もしかしてあの素敵な歌詞は、計算に基づいて狙って書いたものなのかな…」
「もしかしてあの情熱的な表情は、戦略的に演じてるものなのかな…」

と考えてしまう方が出てくるのは、十分に想像ができる。

これは、芸術家にとってかなりキツイ

今後、どんないい作品を生み出したとしても
「これはあなたの想いとか感情とかじゃなくて、戦略的に作られた”商品”なんでしょ」
と思われてしまう
のだ。

そんなリスクがあるくらいなら、ビジネスについて語るべきではない

そう思うのは自然なことだ。

それでも語ってほしい

というわけで、

結論!芸術家はビジネスについて語るべきではない!

と言って終わりたい気持ちもあるのだが、実はちょっと引っかかっている

前述した通り、成功した芸術家はほぼ例外なくビジネスマインドを持ち合わせている。

しかしその事実があまりに隠されて過ぎていると、後進たちはビジネスマインドの重要性に気付かない

例えばMr.Childrenの桜井さんだって、明らかにかなり戦略的に動いてきた人だと思うのだが、
世間一般から見たキャラクターは「音楽をひたすら愛する、純粋なアーティスト」という印象だ。

桜井さんが音楽を愛しているのは嘘ではないと思うが、それだけではないというのも事実だ。

やはりそこを裏で支えるビジネスマインドがあったからこそ、商業的な成功をおさめられたのだと思う。

だからもしあなたが芸術家で、しかも一定の成功をおさめているのであれば、
後進のために少しだけでいいからビジネスについても発信をしてほしい。

そしてもしあなたが芸術家の卵であるのなら、純粋な芸術性を追求するのと共に、
ぜひビジネスという切り口からも自分の活動を考えてみてほしい。

あなたが真摯に作品づくりを続けていれば「がっかりする」と思った人にも、いつかは想いが伝わるはずだ。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。フォローお願いします。