取材/登壇

バンド「チケットノルマあるなら出ません」←これやばい

i7d_3104_2_original

こんばんは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

先日、ライブハウス「四谷アウトブレイク」「下北沢ろくでもない夜」の
名物店長お2人に声をかけていただいてトークライブに出演してきました。

佐藤booneさん、原口雄介さん、ありがとうございました。

ちょっと前に話題になったぼくのブログ記事の話から、
恋愛観の話に急に移行したりしてとても楽しかったのだけど、

その時に原口さんが言ってて「なるほどなあ」と思ったことがあったので、
今日はそのトピックについてのぼくの意見を。

チケットノルマとは

あなたは「チケットノルマ」というシステムをご存知だろうか。

知らない人もいるかもしれないので説明するが、

要はインディーズバンドなどがライブハウスに出演する際に

「最低でも○人は動員してくださいね。
もし足りなかったらその分のチケット代はあなたに払ってもらいますからね」

という約束をさせられるシステムだ。

チケットノルマ10枚のイベントに出演して、4人しか動員できなかったら、
ライブ終了後に、バンドはライブハウスに6人分のチケット代を支払わなくてはいけない。

このシステムに対する批判は多いが、ぼくはある程度必要な仕組みだと思っている。

そんな中で「ぼくたちは、チケットノルマを課されるイベントには出演しません」
ライブハウスやイベンターに対して宣言するアーティストがいる。

気持ちはわかるが、これは大いに損をしているので、
心当たりのあるアーティストはぜひ考え直してほしい。

チケットノルマに動員が届かなかった

お金払う

つらい

チケットノルマがなければいいのに

こういう思考を辿ってしまうのは仕方がない。

ただそれで「今後はチケットノルマのあるイベントには出演しないぞ」と決めてしまうのは、
そのバンドの未来を大きく狭めてしまうのだ。

0038_xlarge

動員があるか、ないか

以下、チケット代は2000円だと仮定する。

30人動員できるバンド
「ノルマ10枚(11枚目以降全額バック)」のイベントに出演すると
2000円×20枚=4万円の利益が出る。

そのバンドが
「ノルマなし(1枚目以降50%バック)」のイベントに出演すると
1000円×30枚=3万円の利益が出る。

つまり、バック率次第ではノルマありの方が稼げるのだ。

だから、動員が安定しているバンドはノルマではなく、
ノルマとバック率のバランスを気にする
のだ。

それに対し、5人しか動員できないバンド
「ノルマ10枚(11枚目以降全額バック)」のイベントに出演すると
2000円×5枚=1万円の損失が出る。

そのバンドが
「ノルマなし(1枚目以降50%バック)」のイベントに出演すると
1000円×5枚=5000円の利益が出る。

そう。動員が少ないバンドはノルマがない方が嬉しいのだ。

ノルマなし縛りはやばい

すなわち、ライブハウスのブッキング担当者から見ると
「チケットノルマのあるイベントは出ません」と言っているバンドは、
「ぼくたちは動員が少ないし、がんばる気もないです!(キリッ」と宣言しているようなもの
なのだ。

そんな宣言をしてしまったら、
「この日はきっと動員も多いし、かっこいいバンドばかりだし、絶対に盛り上がるぞ…!」
というイベントへの出演依頼は当然来なくなる。

対バンも動員が少なく、イベント全体の動員よりも出演者の方が多い、というような
寂しいイベントへの出演依頼ばかりが来るだろう。

すると結局認知が広がることもなく、
動員数も(別で何かしない限りは)増えていかない。

負け組バンドマンコースへようこそ。

どうすればいいのか

どうしても5人しか呼べないというバンドは、まずはライブ本数を減らすことから考えるといい。

月3回のライブに5人ずつ呼べるなら、月1回のライブには10人呼べるのではないだろうか。

そして「ノルマがあるイベントは出ません」とは決して宣言せずに出演するイベントを選ぶべきだ。

「ノルマなしのイベントに出るな」ということではない。
「いいイベントがあれば、その日に集中して動員してノルマ越えてみませす」というスタンスを表明し続けることが大切なのだ。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。フォローお願いします。


ぼくは英雄になりたいけど、その理由はよく分からない

284_large

こんばんは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

先日、リクルート社の「アントレnet Magazine」に取材していただき、記事が公開されました。

>> 収入よりもやりがいの”安定”を。「英雄になる」ために、ある男が選んだパラレルワークの道

内容はそちらのサイトでお読みいただくとして、今日はその補足を。

英雄になりたい

記事を読んでくださったのであれば伝わっていると思うが、ぼくの目標は「英雄になること」だ。

ぼくの中での英雄の定義は
「数千万人〜数億人の人生を、大幅に幸せな方向に転換させた人」

である。

それに向かうためのルートとして、音楽活動もがんばってきたし、会社の経営もがんばっている。

しかし、例えば音楽活動が極限まで成功して、世界的アーティストになったとして。

それって「数千万人〜数億人の人生を、大幅に幸せな方向に転換させた人」と言えるのだろうか?

と考えると、ぼくの中ではそれは、足りない
数千万人のファンがいたとしても「大幅に人生を転換させた」とまでは言えない。

同様に、今の会社の事業が極限まで成功して、世界中の音楽業界を救ったとして。

それも、やっぱり足りない
世界中の(実力ある)アーティストの人生は大幅に転換するかもしれないが、それは数千万人規模ではない。

ゴールに届くために

つまり、ぼくがいま取り組んでいる音楽活動と、会社経営。

これらはどちらとも、ゴールまでは届かないのだ。

しかし同時に、全く無駄ではない。

両方がうまくいけば、今よりも知名度があって、お金もあって、知識や経験もあって、色んな国や業界に友人やファンがいて。
そんな状態になる。
まずはそれを作りたい。

そこからいよいよ「英雄になるためのプロジェクト」を立ち上げて実行するのだ。

それが実際にどんなプロジェクトなのかは、今は考えていない。

まずは、英雄に0.5歩近づくための努力を、必死にやっていくフェーズなのだ。

305_large

英雄になりたい理由

ふと「なんでぼくは英雄になりたいのだろうか」と考えることがある。

しかし、ここに明確な答えは出ていない

英雄になりたいという気持ちが、なぜか心の奥底から、自然と毎日湧き上がってくるのだ。

単に、強烈に肥大化した承認欲求であるような気もする。

死への恐怖から目をそらすことを目的とした、日々を夢中に生きるための対象物であるような気もする。

その両方かもしれない。

しかし少なくとも言えることは、
「英雄を目指して日々努力や行動を続けている自分」が、結構好きだ。

自分のコンプレックスや、自分のダメな部分に目を向けると本当に嫌になるけど、
夢を追いかけてがんばっている自分は、なかなかいいな、と思っている。

もうひとりの自分が「いい感じだね、そのままがんばりなよ」と言ってくれているような感じがする。

だから、モチベーションが途切れることはない。

24時間365日ぼくは英雄になりたいと思っているし、
その確率を少しでも高めるためにも長生きをしたいと思っている。
これから先に大きな挫折があったとしても、英雄になりたいと思い続ける自信がある。

結果、ぼくがどういう人生を歩み、どう終えることになるのかはもちろん分からない。

だけど、少なくともそこに生まれるであろう多くのドラマを
ぼくはとても楽しみにしているし、

この文を読んでいるあなたにも一緒に楽しんでもらえたら、とてもうれしい。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。フォローお願いします。


成功の見込みがないやつになんて言うか問題

cyqqyh6veaaxfxp

こんばんは。海保けんたろー(株式会社ワールドスケープ代表/ドラマー)です。

昨日は大関勇気さんにオファーいただいて、ミュージシャンのための勉強会「リーダーミーティング」に登壇してきました。

池袋FIELDのオーナー・山石敬之さんや、元ソニーミュージックのスティーブ小山さんによる、
とても熱くて興味深い(そして共感ポイントの多い)お話のあとに、
大関さんとの対話形式でガッツリと2時間、お話させていただいたのですが…

そこでチラッと出た命題について。

成功の見込みがないやつ

これは音楽に限らずなんだけど、不幸なことに「やりたいこと」と「向いてること」が全く重なってない人がいる。

「平井堅さんのような、有名歌手になりたい」と思っているけど「歌が普通の人よりも下手」とか、
「ダウンタウンのような、国民的お笑いコンビになりたい」と思っているけど「人前で全然しゃべれない」とか。

彼らが夢を実現する可能性がゼロ%かというと、ゼロではない。
歌が下手でもピコ太郎になる可能性はある。

しかしその可能性は、かなり、かなり、低い。

そんな不幸なミスマッチを抱えた彼ら。
インディーズバンド界隈、ライブハウス界隈に出入りしていると、そういう人に出会うことがまあまあの頻度である。

とどめを刺すことの是非

あなたが例えばそんな人に出会ったとして、「辞めたほうがいいよ」って言いますか?

ぼくはこれに答えが出ず、未だに悩んでいる。

  • 言わないべき理由

    • 低いとはいえ、その人が成功する可能性はある。もしぼくの見る目がなかっただけで、その人が成功する要素を持ち合わせていたとしたら、「辞めたほうがいいよ」と言うのはとても罪深い。
      その人がぼくの言葉によってもし諦めてしまったら、大きな悪影響を与えてしまったことになる。これはとても避けたいので、怖い。
    • 単純にイラッとされると思うので、嫌われそうで、気持ち的に嫌だ。
  • 言うべき理由

    • とはいえその人が成功する可能性はかなり低いのだから、数年後・数十年後にその人が人生を後悔する可能性はある。
      逆にぼくが「辞めたほうがいい」といったことで音楽の道を諦めた結果、
      別の道を見つけ、とても幸せな人生になるという可能性があるし、むしろその可能性は比較的高いのではないか。
    • その人が諦めることにより、全く魅力的でないコンテンツをその人が今後も世にばら撒き続け、
      「付き合い」でその人のライブを見させられたり、CDを買わされたりする”被害者”を減らすことができるのではないか。

これって、「もし自分が不治の病にかかった場合、宣告して欲しいかどうか」みたいなのにとても似てるよね…。

「自分にもし才能がないのだとしたら、ハッキリ教えて欲しいと思うか」という質問を会場で投げたら、
半数が未回答(悩む)、4分の1が教えて欲しい、4分の1が教えて欲しくない、とパックリ割れた。

あなたはどっち派ですか?

ぼくは、教えて欲しいかな。
そして、「海保が成功しない理由」をぼくが納得するまで説明してもらいたい。

ぼくのTwitterは @kentaro_kaiho です。フォローお願いします。